LANDISK HACKING DIARY
Since2005/8/17
TOPへ戻る

   INDEX
 
1. smartctl でHDD の情報を表示する
2. hddtemp での温度測定
3. 扇風機を使ってみた




 
   smartctl でHDDの情報を表示する

 

 


 S.M.A.R.T とは、HDDに内蔵されている自己診断機能で、HDDの故障を事前に予見したり、温度を測定したりすることができる。Linux では、smartctl コマンドでS.M.A.R.T を表示することができる。smartctl コマンドを使うには、通常は smartmontoolsパッケージをインストールするが、debian(?)ではどうやら、smartsuite パッケージをインストールするみたいだ。実際にソースからdeb 化する場合は、smartmontoolsをダウンロードしてこなくてはならない。
 

landisk:~# apt-get install smartsuite

ソースからいれる場合は、

landisk:~# apt-get -b install smartmontools


smartctl コマンドのオプションは以下のとおり。

 -a すべての情報を表示する
 -i ハードディスクのS.M.A.R.T.サポート状況を表示する
 -l エラーのログを表示する
 -v 温度やシークエラーなどの状況を表示する


landisk:~# smartctl -i /dev/hda
Device: SAMSUNG HA250JC Supports ATA Version 7
Drive supports S.M.A.R.T. and is enabled //enabled になっている必要がある

landisk:~# smartctl -a /dev/hda
Device: SAMSUNG HA250JC Supports ATA Version 7
Drive supports S.M.A.R.T. and is enabled
Check S.M.A.R.T. Passed.

General Smart Values:
Off-line data collection status: (0x00) Offline data collection activity was
never started

Self-test execution status: ( 0) The previous self-test routine completed
without error or no self-test has ever
been run

Total time to complete off-line
data collection: (6197) Seconds

Offline data collection
Capabilities: (0x5b)SMART EXECUTE OFF-LINE IMMEDIATE
Automatic timer ON/OFF support
Suspend Offline Collection upon new
command
Offline surface scan supported
Self-test supported

Smart Capablilities: (0x0003) Saves SMART data before entering
power-saving mode
Supports SMART auto save timer

Error logging capability: (0x01) Error logging supported

Short self-test routine
recommended polling time: ( 1) Minutes

Extended self-test routine
recommended polling time: ( 103) Minutes

Vendor Specific SMART Attributes with Thresholds:
Revision Number: 16
Attribute Flag Value Worst Threshold Raw Value
( 1)Raw Read Error Rate 0x000f 100 100 051 0
( 3)Spin Up Time 0x0007 100 100 025 4992
( 4)Start Stop Count 0x0032 100 100 000 6
( 5)Reallocated Sector Ct 0x0033 253 253 010 0
( 7)Seek Error Rate 0x000f 253 253 051 0
( 8)Seek Time Preformance 0x0025 253 253 015 0
( 9)Power On Hours 0x0032 253 253 000 197
( 10)Spin Retry Count 0x0033 253 253 051 0
( 11)Calibration Retry Count 0x0012 253 253 000 0
( 12)Power Cycle Count 0x0032 100 100 000 5
(194)Temperature 0x0022 076 076 000 54 # HDD の温度が53℃(8月29日室温27℃で測定)
(195)Hardware ECC Recovered 0x001a 100 100 000 24619255
(196)Reallocated Event Count 0x0032 253 253 000 0
(197)Current Pending Sector 0x0012 253 253 000 0
(198)Offline Uncorrectable 0x0030 253 253 000 0
(199)UDMA CRC Error Count 0x003e 200 200 000 0
(200)Unknown Attribute 0x000a 100 100 000 0
(201)Unknown Attribute 0x000a 100 100 000 0
SMART Error Log:
SMART Error Logging Version: 1
No Errors Logged


■S.M.A.R.T を有効にする

 デフォルトでS.M.A.R.T が有効になっていない場合は以下のコマンドで有効にします。

landisk:~# smartctl -s on -o on -S on /dev/hda



 
     hddtemp での温度測定
   
温度測定をするには、hddtemp を使用します。

landisk:~# apt-get install hddtemp

使用しているHDDがデータベースにないと、以下のような警告を発するが、温度は表示される。データベースファイルは、/etc/hddtemp.db に格納されている。

landisk:~# hddtemp /dev/hda
WARNING: Drive /dev/hda doesn't appear in the database of supported drives
WARNING: But using a common value, it reports something.
WARNING: Note that the temperature shown could be wrong.
WARNING: See --help, --debug and --drivebase options.
WARNING: And don't forget you can add your drive to hddtemp.db
/dev/hda: SAMSUNG HA250JC: 54°C or °F

他のSUMSUNG 製のHDDを参考にして、/etc/hddtemp.db に情報を書き込むと警告は表示されなくなる。194 という数値は、smartctl コマンドを実行した際に先頭に表示されるID値を入力した。大抵のドライブは動作保障温度が55〜60℃とされていることを考えると許容範囲内ではあるが、やや温度が高い事は確かだろう。

landisk:~# vi /etc/hddtemp.db
"SAMSUNG HA250JC"                                       194  C  "Samsung HA250JC"

landisk:~# hddtemp /dev/hda
/dev/hda: SAMSUNG HA250JC: 52°C  //警告が表示されなくなる



 
     扇風機を使ってみた
   
IO-DATA のLANDISKシリーズは、500GB を購入するか、あるいは、LANTANK を使わない限りはファンはデフォルトでは装備されていない。いや、逆にうるさくなるのでファンはできるならつけたくない。だが、温度が微妙に高めなのが気になったので、実験として、2m 程度離れた位置から扇風機を1時間程度かけつづけた。扇風機の強弱は1番弱い「弱」にしてある。直に風を当てているわけではなく、なんとなく風の流れがLANDISK の方向にいくように流しているような感じだ。なお、HDDがまるで回転していない状態で図っても意味がなさそうなので、常に曲を再生しながらもう一度温度測定してみた。室温27℃の環境は先ほどと同じにする。

landisk:~# smartctl -v /dev/hda | grep 194
(194)Temperature 0x0022 103 076 000 45

結果を見てもらえばわかるとおり、温度が7度〜8度低下し、44℃を記録した。これなら微妙ではあるが、なんとなく許せる温度だ。もっと近い位置で直接HDDに風を当てつづけたらもっと温度が低下するかもしれない。さらには、扇風機の置いてある位置は変えずに強さだけを「強」にして30分間経った後に測定すると、今度は39度を記録した。なんと、5度も下がっている。扇風機が意外と効果的であることがわかった。ということで、LANDISK にはUSB が2ポートついているので、USB扇風機でも買って来て実験してみようかと思う。但し、USB扇風機はファン以上にうるさいような気がしないでもないが。

けど、こんなUSB扇風機なら見た目がいいから欲しいかも。





TOPへ戻る
 
Copyright © KORO All Rights Reserved.