LANDISK HACKING DIARY
Since2005/8/17
TOPへ戻る

   INDEX
 
1. 休憩タイム(〃´o`)=3
2. 稼動しているサーバー
3. 今後の方向性




 
   休憩タイム(〃´o`)=3

 

 


■当サイトについて

さて、ここまで長続きするとは思わなかったLANDISK HACKING DIARY。ここらでちょっと休憩タイムをいれてみようかと思います。備忘録の意味を込めて綴り始めた当サイトですが、意外や意外、結構長続きしているんですよね。このサイトをマジメに読んできた方ならわかると思いますが、文章が丁寧語だったり、断定調だったり、妙に偉そうだったりと、文体がまるで統一されていません。なぜって?それは自分の備忘録のために書いていたからなんです。つまり、一般公開をする予定はありませんでした。自分向けに書くのにわざわざ丁寧語で書くマ〇ケはいません。けれども、途中からこのサイトを作る手間を考えたら多くの方に見てもらったほうが有益になるだろうし、筆者自身も誰かに読んでもらうことで報われるんじゃないかと思い始め、先日(9月7日)、Google の検索エンジンに登録しました(Yahoo!には大袈裟なので登録しません ←といいつつ、登録しちゃいました[ 2006年2月16日] )。途中から敬語や丁寧語が入り混じってきているのはそのためです。丁寧語にするか断定調にするか悩んだあげく、修正するのが面倒なので混合でいくことにしました(オイ。自分だけなら断定調でいいのです。でも、多くの方が見るとなると、断定調にするには「この説明は間違っていない」という確固たる自信が自分の中になければなりません。ですが、私はLinux の達人でもなければ、debian の達人でもありません。debian を触り始めたばかりの超初心者だということをご理解ください。そんな筆者の断定調が信じられるかどうか、それは当サイトを読んでくれている方の判断にお任せいたします。最後に、当サイトを作成する参考資料として活用させていただいた多くのサイトに感謝します。


■修正に関して

ガンダム好きな方ならよく知っている言葉だと思いますが、「修正してやる!」という言葉がありますね。当サイトにも、その修正すべき箇所が多くあります。基本的に、日記形式でつづっていってるので、過去にわからなかったことを後の日記で述べていたりすることがままあります。例えば、最初は debian.dodes.org のBASEパッケージを使っていましたが、途中から、iohack のBASEパッケージに変えたりしています。第1回から筆者の真似をして、同じように作業をしていった場合、明らかに遠回りをすることになります。筆者と同じように、debian に初めて 触る方は、まず第一に apt-get の使い方、sources.list の記述方法を深く理解するべきだと思います。パッケージなんてどこからダウンロードしても同じだろうと勘違いしていた筆者は、1行1行に書かれたapt-line の意味など考えることもなく結果的に遠回りをしていた気がします。その分、学んだこともたくさんあったのも事実ですが。LANDISKをハッキングする場合、大きく2通りのタイプの人間に分かれると思います。とにかく、自分のやりたいことがLANDISKで実現できればそれでいいというタイプと、今後のためにも debian について勉強したいというタイプです。筆者は当初の目的こそはあったものの、どちらかといえば後者よりだったので、debian についていろいろ勉強できたことは大きな収穫だと思っています(勿論、これからも知識を吸収していきます)。けれど、ある特定のことが実現したくてハッキングする場合、当サイトの記事を一からまじめに読むことはお勧めしません。各ページを流し読みして、自分にとって適切な箇所から始めるといいと思います。そこで、本題の「修正」に戻るのですが、基本的にサイト内の文章を修正することはありません。誤った情報が記載されていた場合、それは直ちに修正しますが、筆者が辿ってきた日記の流れを変える事はありません。その理由は簡単です。再度、一から文章をまとめ直すのが面倒くさいからです。この気持ち、わかりますよね?


 
     稼動しているサーバー
   
現時点までに構築したサーバーや稼動 or 停止しているサーバーを整理してみます。

■LANDISK環境

サービス ポート番号 状態 備考
 SSH 8000 起動  ssh 3.8.1p1-8.sarge.4
 INETD 23 起動  telnet(起動)、ftp(停止)
 HTTPD 80 起動  Apache/1.3.26
 SMB/NMB 139 停止  Samba 2.2.11-ja-1.0
 LPD 515 停止  プリンタ
 CROND   停止  

■debian 環境

サービス ポート番号 状態 備考
 SSH 22 起動  ssh 3.8.1p1-8.sarge.4
 XINETD 21,901 起動  proftpd(起動)、swat(起動)
 HTTPD 8080 起動  Apache/2.0.54
 DAAPD 3689 起動  mt-daapd、iTune Server
 LPD 515 起動  lpr 2000.05.07-4.2
 PROXY 3128 起動  squid 2.5.9-10
 DNS 53,953 起動  bind 9.2.4-1、rndc、内向けセカンダリDNS
 SMB/NMB 139 起動  samba 3.0.14a-3
 SYSLOG 514 起動  syslog-ng 1.5.20-1
 NTPD 123 起動  ntp 4.2.0a+stable-2 
 MYSQLD 3306 起動  mysql 4.0.24-10
 CROND   起動  



 
     今後の方向性
   
今までどおりに進行していきたいと思います。現時点で、メールサーバーを除いて一通りの主要なサーバーは構築したので今後は、監視系やバックアップ系、遊び系なんかに力をいれていこうかな〜と考えています。メールサーバーに関しては既にFedora Coreで構築したものがあるので(Postfix + Amavid-New + Courier-IMAP + AntiVir Mailaget + Clam AntiVirs)、移行するべきかしないべきか悩むところ。Clam やら、Amavisd-New 、Courier-IMAP が SH4 環境で正常に動くのかも微妙に不安だし、Postfix も iohack には2005年9月9日時点ではバージョン1 しかないので、バージョン2 にアップグレードしたいし…そうなると、Cyrus-Sasl2 も必要になってくるし。いっそのこと debian のデフォルトメールサーバーであるEximを使ってみようか、などなどいろいろな思考が交錯し、面倒くさくていまだに着手する気になれません(笑)。まぁ、気が向いたらやってみようかと思います。





TOPへ戻る
 
Copyright © KORO All Rights Reserved.