LANDISK HACKING DIARY
Since2005/8/17
TOPへ戻る

 


   ISOイメージの作成/Lame によるMP3エンコード

ここでは、LANDISKでISOイメージを作成できるようにすることと、Lame によるMP3 エンコードができるような環境を構築していく。文書的には以下の3ページを先に作成したので、半分はおさらい的な説明になるかと思います。要するに、暇そうにしているLANDISKさんにエンコを頑張ってもらおうという目論見です。筆者の環境では、曲データは全てLANDISKに保存しているので、LANDISKにMP3エンコードをやらせた方が何かと都合が良いわけです。

■2005/09/09: 第05回 「cdrecord によるCD-R/RW の焼き方」
■2005/09/10: 第06回 「Waveファイルから音楽CD-R の作成」
■2005/09/10: 第07回 「lame によるMP3エンコード」

■mkisofs のインストール

まず、ISOイメージを作成するツールとして mkisofs をインストールします。apt-get でもインストールできますが、筆者は最新のソースパッケージをダウンロードしてきて deb パッケージを作成しました。mkisofs は cdrtools に含まれているのでそれをまずダウンロードします。なお、ビルドする際に、smake が必要になるので先にそちらをダウンロードし、deb パッケージを作成しておきます。cdrtools をビルドすると以下の4つのdeb パッケージができあがります。

 ・cdrecord_2.01+01a01-2_sh4.deb
 ・cdrtools-doc_2.01+01a01-2_all.deb
 ・mkisofs_2.01+01a01-2_sh4.deb
 ・cdda2wav_2.01+01a01-2_sh4.deb

landisk:~# apt-get source smake
landisk:~# cd smake-1.2a23/
landisk:~# dpkg-buildpackage -rfakeroot
landisk:~# dpkg -i smake_1.2a23-1_sh4.deb
-----------------------------------
landisk:~# apt-get source cdrtools
landisk:~# cd cdrtools-2.01+01a01/
landisk:~# dpkg-buildpackage -rfakeroot
landisk:~# cd ../ : dpkg -i mkisofs_2.01+01a01-2_sh4.deb

これで mkisofs のインストールは終了。あとは、コマンド打ちしてISOイメージファイルを作成するだけ。


■lame のインストール

lame をインストールしてみる。lame のSH用バイナリは存在しないのでソースからインストールします。因みに、i386 などの環境でも、公式サイトには lame は置いてないようです(非公式apt-get.org には置いてある)。とりあえず、こちらの本家サイトよりダウンロードしてきます。筆者がダウンロードしに行った時は何故か、SourceForge.net はメンテナンス中だったので、ftp.unob.cz よりダウンロードしてきました。しかも、これを書いているときにちょうど更新されて9月10日版になってた(大丈夫か?)。

landisk:~# wget ftp://ftp.unob.cz/pub/linux/apps/lame/lame-20050910.tar.bz2
landisk:~# bzip -d lame-20050910.tar.bz2
landisk:~# tar xfv lame-20050910.tar
landisk:~# cd lame-20050910

lame-20050910 ディレクトリ内に既に「debian」ディレクトリが作成されていたのでそのままリビルドします。libgtk1.2-dev と libncurses5-dev がビルドの際に必要になると思うので先にインストールしておく。芋ずる式に18個のパッケージが同時にインストールされます。

landisk:~# apt-get install libgtk1.2-dev libncurses5-dev

パーミッション許可がなくビルドに失敗したので、debian/rules に実行権限を付与してあげる。以上でインストールは完了。使ってみた感じ、微妙に3.96.1と表示のされ方と違っていた。しかし、CPU266MHz はやっぱりやばいでしょ。オプションなしのデフォルトで、1曲のエンコードに対して5分38秒かかりました…('◇'*)。

landisk:~# dpkg-buildpackage -rfakeroot
fakeroot debian/rules clean
/usr/bin/fakeroot: line 150: debian/rules: Permission denied

landisk:~# chmod +x debian/rules
landisk:~# dpkg-buildpackage -rfakeroot
landisk:~# cd ../ ; ls
-rw-r--r-- 1 root root 413570 2005-09-10 13:14 lame_3.97-8_sh4.deb
-rw-r--r-- 1 root root 362252 2005-09-10 13:14 libmp3lame0-dev_3.97-8_sh4.deb
-rw-r--r-- 1 root root 328414 2005-09-10 13:14 libmp3lame0_3.97-8_sh4.deb
landisk:~# dpkg -i *.deb
landisk:~# time lame audio_02.wav audio_05.mp3
real 5m38.884s
user 5m36.590s
sys 0m1.260s

補足:ビルドし終わった後に、SourceForgeに行ってみたらメンテナンス終わってるし…。どうせなら最新版よりも安定版の方が安心できるので、この後、再度 lame-3.96.1 をビルドしている私でした…。 lame-3.96.1 を make しているときにエラーが発生したので、debian/rules の以下の行をコメントにした。

landisk:~# vi debian/rules
# dh_installdocs





TOPへ戻る
 
Copyright © KORO All Rights Reserved.